かくりよの宿飯

ストーリー

第一話 あやかしお宿に嫁入りします。

亡くなった祖父譲りのあやかしを見る力があった葵は、いつものように野良あやかしに餌付けをしながら大学へと向かっていた。
だが途中の鳥居の前で見たことのないあやかしと出会い、かくりよの老舗宿”天神屋”へと連れ攫われてしまう。
そこで葵は、祖父の借金のカタに鬼神の大旦那の嫁になる約束が交わされていたことを告げられるのであった……。

脚本:金春 智子/絵コンテ:奥田 佳子/演出:相浦 和也/作画監督:鈴木 光

第二話 あやかしお宿で仕事見つけました。

祖父の借金を働いて返すと宣言した葵だが、人間を嫌う天神屋の中では仕事が見つからず、最後に辿り着いたのは、鬼門中の鬼門と呼ばれる地に建つ庵であった。
そこで、若旦那を務める九尾の銀次に食事処を開く提案をされる葵であったが、迷う間もなく本館で起こった天狗のお客との騒動に巻き込まれることに。
果たして葵は、あやかしの世界の老舗宿・天神屋で働き口を見つけることが出来るのか。

脚本:金春 智子/絵コンテ:筑紫 大介/演出:又野 弘道
作画監督:しまだひであき、半田 大貴、ハンミンギ、鈴木 光

第三話 かくりよの都にお出かけしました。

あやかしの世界は八葉と呼ばれる大妖怪によって治められている。
天神屋の鬼神の大旦那もその一角だ。
上客でもあり八葉でもある朱門山の天狗・松葉の持て成しに成功した葵は食事処を開く決心をする。
その決意を受け取った大旦那は、彼女の功績を認め、かくりよの中心都市・妖都へと連れ出すのであった。

脚本:金春 智子/絵コンテ:奥田 佳子・相浦 和也/演出:久保山 英一
作画監督:小畑 賢、桐谷 真咲、挽本 敦子、小林 優子、松下 純子、青野 厚司

第四話 雪女と土蜘蛛を介抱しました。

かつて史郎と生活を共にしていたという、番頭の土蜘蛛・暁と芸妓の鈴蘭の兄妹。
その鈴蘭を妖都で助け、葵が天神屋に戻ると、今度は雪女のお涼が熱で倒れてしまった。
葵は料理を作って、お涼を介抱することに。
ところがそこへ、現世に行きたいという鈴蘭と反対する暁との喧嘩まで勃発して……。

脚本:平見 瞠/絵コンテ:名村 英敏/演出:加藤 顕
作画監督:亀田 朋幸・木村 行隆・他