登場人物

津場木葵(つばきあおい)[CV]東山奈央

祖父譲りのあやかしを見る能力を持つ大学二年生の女子。
幼い頃、母親に置き去りにされて、飢えで果てようとしたところをあやかしに救われた。その経験から、お腹を空かせているものは人でもあやかしでも放ってはおけない。
料理が得意で、真っ直ぐな女の子。

大旦那(鬼神)[CV]小西克幸

鬼門の地である天神屋を治める、鬼神(きじん)の大旦那。
長い時を生きている大妖怪で、かくりよを治める八葉の一角を担う。
従業員曰く、冷徹で残忍かつ懐が深い御方だというが、品のある所作で飄々としており本心は見せようとしない。数十年前に史郎とある契約を交わしたようだが……。

銀次(九尾の狐)[CV]土岐隼一

天神屋の招き狐とも呼ばれており、若旦那を務めている、九尾の狐。
端正な見た目に、物腰は柔らかで、仕事もできる。非の打ちどころがなくあらゆる部署から頼りにされている。
変化の術を得意とし、九つの姿を使い分けることができる。

お京(雪女)[CV]加隈亜衣

天神屋の若女将を務める雪女。
高飛車な物言いと振る舞いをしているが、子供のような我儘を言う一面も。
役職の手前、容姿には気を配っているが、見かけによらず大食漢。
大旦那を慕いながら、玉の輿を狙っている。

暁(土蜘蛛)[CV]内田雄馬

天神屋の番頭を務める、土蜘蛛。
少々頭に血が上りやすく荒っぽい口調や振る舞いを見せるが、何事にも真面目に向き合う頑張り屋で世話焼き。大旦那を慕っており、妹にはかなり弱い。
最年少で幹部になった有望株でもある。

白夜(白沢)[CV]田丸篤志

天神屋でも重鎮と呼ばれている古株で、宿の懐事情の一切を取り仕切るお帳場の長。
非常に博識で厳格。元々は妖都の宮中に仕えていたり、八葉の中にも世話になった者がいるなど、頭があがらないものも多い。
見込みの無いものは切り捨て、可能性には投資する主義。

チビ(手鞠河童)[CV]石見舞菜香

自称、葵の眷属。
手鞠程の大きさで、ぷにぷにした愛らしい見た目の河童。
群れを成して生活する、無害代表のひ弱なあやかし。チビはその中でも一際小さく、現世にいたころはよく食料争奪戦に負けていた。葵に付いてかくりよへやって来る。

津場木 史郎[CV]井上和彦

葵の祖父。故人。
葵と暮らすようになるまで、全国を津々浦々と移動して、現世とかくりよを行き来していた。
あやかしにも名がよく知られており、自由奔放な生き方で関わった者達を翻弄し続けた。人だけでなく、多くのあやかしたちから嫌われ、また慕われてもいた、ある意味で偉大な人物。

静奈(濡れ女)[CV]上田麗奈

温泉の泉質や浴場の管理などを担う、濡れ女。天神屋の女湯の湯守りを務めている。
人見知りで臆病な性格だが、いざという時には思いがけない力を発揮することも。
春日とは同室だが片付けは苦手で、いつも部屋の掃除を手伝ってもらっている。

戻る